最新ニュース

メルセデスの新Fダクトシステム、合法との判定

2012.03.15

photo

©Sutton

フォトギャラリー


 オーストラリアGPにおいて、FIAはメルセデスのラジカルなウイングコンセプトを完全に合法であると認めた。

 メルセデスの今季マシンW03には独自のFダクトコンセプトのリヤウイングが採用されている。このシステムはDRS作動中、ウイングのアッパーエレメントが動く時、ベントを通して作動するものであり、エンドプレートからメインプレーンに気流を流し、ウイングをストールさせ、直線スピードを向上させると推測されている。

 このシステムは実質的にはドライバーがDRSを作動させる際の動きを利用しており、ライバルチームはその合法性についてFIAに問い合わせていたといわれている。しかしFIAはこれはレギュレーションに従っていると認めた。

 FIAのF1技術責任者であるチャーリー・ホワイティングは、メルセデスのシステムは合法であるとの見解を示した。

「2010年末にはどのチームもドライバーが操作するFダクトを使用していたが、レギュレーションが変更され、マシンの空力パフォーマンスを向上させるためにドライバーの動きを利用することは禁止された。それによってその世代のいわゆるFダクトは禁じられた」とホワイティングは述べている。

 その後、さまざまなアイデアが考え出され、チームに対してレギュレーションを明確化するためにTWGにおいて議論がなされたという。ホワイティングは、メルセデスのシステムの詳細については説明していないが、これは完全にパッシブだと明言している。

「DRSが作動されている時に空気をダクトに流して何かをしているチームがあるようだ」
「私に言えるのはそれだけだ。だがこれは完全にパッシブだ。システムにおいて動くパーツはない。サスペンションとのつながりもない。そのためこれを禁止する規則は見当たらない」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ